未分類

スイス旅行で使ったeSIM

先週スイスに3泊5日で旅行に行っていきました。

現在はウィーンに住んでいて、ウィーンで使っているYesss!というSIMのスイス対応のプランを追加で購入しましたが全く使えず、今回はスイスに着いてからUbigiのeSIMを契約しました。

ヨーロッパの中でもデータ料金が高く、ほとんどのプランがスイスは別プランなことが多いです。

物価の高さなどが影響しているのでしょうか?

調べたらUbigiはヨーロッパに拠点がある通信サービスのようで、なので通信も強いようです。

日本語も対応してるのでかなり使いやすかったです。

※eSIMなのでSIMロックが解除されている必要があります

スイスで問題なく使えたUbigiのeSIM

スイスのeSIMのおすすめをネットで検索すると大量に怪しそうなサイトが出てくるので戸惑いましたが、以前どこかで紹介されてたのを見かけたことがあった「Ubigi(ユビジ)」を思い切って契約しました。

電波は非常によく、マッターホルン(アルプス山脈の富士山より高い有名な山)を望む展望台ですらもしっかりと電波を拾っていました。

私が行ったチューリッヒ、マッターホルン、ルツェルン、ライン滝、シャフハウゼンは全て大丈夫でした。

私は最安の30日買い切りプラン3GB 1300円のを契約しました。

月額料金のプランもあるので、間違えないように購入してください。

私は容赦無く携帯を使い、2日半で3GB使い切りました。

(あとは友達の携帯で調べたりしてやり過ごしました)

そんなに高くないですし、すぐに反映されるので途中で追加購入しても良さそうです。

契約方法

1、Ubigiの公式サイトを開く

調べると黒色のホームページが出てくるはずです。

2、端末がeSIMに対応しているか確認する

ホームページを開いたら「モバイル端末」をクリック。

次に、中央あたりの「お手持ちの端末がeSIMに対応しているか確認しましょう」で自分の端末が対応してるか確認しましょう。

3、データプランを確認

対応してるのを確認したら、そのまま出ているポップアップの「データプラン一覧」をクリックしてプランを見ましょう。

目的地:「スイス」と入力、買い切りプランを選択

そうすると30日買い切り3GB 1300円などのプランが出てくると思うので、自分にあったものを選択し、カードでeSIMを購入します。

4、適切なタイミングでeSIMを有効化する

スイス入国後ならこのままeSIMを有効化して大丈夫です。

日本で購入した場合はここで書くとややこしいので、基本的な海外旅行時のeSIMの使い方通りに進めてください。

購入するとすぐに2通メールが届きます。

QRコードのついた方のメールを開き、QRコードをスキャンします。

QRコードをスキャンできない場合

QRコードをスキャンできない場合は、記載されているアクティベーションコードを使って手動でインストールします。

アプリをインストールして進めていくと、QRコード読み取りの時に下に「QRコードを読み取れない時」という文字があるのでそこをクリックします。

指示に従い進めます。

このとき苦戦したのが、入力する文字です。

QRコードのメールに「1$consumer.rsp.world$NNNN8888NNNNZZZZ」のようなアクティベーションコードが載っています。これを元に、

  • SM-DP+アドレス:
    consumer.rsp.world
  • アクティベーションコード:
    (NNNN8888NNNNZZZZ)

のように入力します。

1や$マークの入力は不要なので、必要な部分のみ入力しましょう!

あとはアプリの指示通り進めていけば大丈夫です。

使用時は日本の回線は切っている状態で、Ubigiの回線をオンにします。ローミングはオフのままでスイス国内繋がります。

不要な時とスイスを出るときは必ずUbigiのモバイルデータ回線をオフにしましょう。

-未分類

© 2023 Cheerful Life Powered by AFFINGER5